HOME>アーカイブ>挙式の種類や費用相場について知るための基本的な情報

挙式の種類

新郎新婦

挙式には、キリスト教式や神前式といった宗教的なスタイルのものや、人前式という無宗教のものがあります。ですので、名古屋で結婚式をおこなうときは、それらのスタイルができる結婚式場について知っておくとよいでしょう。まず「キリスト教式」は、教会でおこなうのが正式ですが、専門式場やホテルに併設されているチャペルでも挙式をすることが可能です。次に「神前式」は、こちらも神社でおこなうのが正式ですし、実際に神社が利用されることが多いと言えるでしょう。しかし、最近では神殿の施設を備えた専門式場やホテルも増えているため、そちらでおこなうこともできます。最後に「人前式」は、宗教などの形式にとらわれない自由なスタイルなので、専門式場やホテルはもちろんのこと、野外などの好きな場所でおこなうことが可能です。

実際の費用相場

結婚式

名古屋という地域は、結婚式にお金をかけるというイメージが昔からあるため、実際のところどうなのか気になる人も多いでしょう。ひと昔前までは、派手な結婚式がおこなわれることも多かったと言えますが、今はそうした派手なものは減っていると言われています。最近のデータによると、名古屋の結婚式場でおこなわれる挙式や披露宴、そしてパーティーにかかる費用は「360万円程度」というのが平均的な水準になります。この費用相場は、全国平均とだいたい同じぐらいですし、首都圏と比べるとやや低くなると言えるでしょう。最近は、費用面であまり無理をしないようにするというやり方が増えていますし、名古屋の場合も同じ傾向にあると言えます。

式場による費用の違い

新郎新婦

名古屋の結婚式にかける費用相場は上記の通りですが、実際の費用は利用する式場のタイプによっても変わるということも知っておきましょう。まず「専門式場」は、300万円程度が相場であり、ホテルよりも少し安めの費用になる傾向があると言えます。専門式場は、結婚式に特化した施設なので、結婚式のプロから演出などの細かいサポートをしてもらえるという特徴があります。次に「ホテル」は、相場が330万円程度であり、高めの費用設定になっていますが、格式の高い結婚式をしたい場合によく選ばれていると言えるでしょう。それに、ホテルは知名度が高いため親族からも支持されやすいですし、遠方から来たゲストがそのまま宿泊できるというメリットがあります。その他の結婚式場としては、通常のレストランを貸し切って使用するものや、外国風の一軒家を貸切るゲストハウスがあります。レストランの相場は260万円程度とリーズナブルですが、ゲストハウスは370万円程度と高めの費用になるでしょう。

広告募集中